シャネルバッグ キルティング

孤児として修道院で育ち洋裁店で働くガブリエル・シャネルが、服飾デザインの才能に目覚め成功するんですが、はっきり云って男をパトロンにのし上がって行くという感がなきにしもあらず。ジャン・コクトーやピカソ、ストラヴィンスキーまで交流があり、マリー・ローランサンに肖像画を描いて貰っているようですから(wikipedia)、個人的にはその辺りをもっと描いて欲しかったですが女性が自分で楽しむ服とか、当時労働着の素材だったジャージを取り入れたり、たぶんシャネルのファッション哲学みたいなものが随所に散りばめられているのでしょうが、私には猫に小判。 「若い人たちには、自分が描く夢がすべてだと思ってやってほしい。全力で、これしかないと思ってやってみれば、結果的にできなかったとしても、違う夢が必ず見つかりますから。“できない”とは思わないでほしいです」と語っているいっこく堂は、今夜(1日)放送のフジテレビ系バラエティー『全力教室』(毎週日曜後9:00)に出演し、世界を魅了するパフォーマンスを披露。. シャネル 新作 クルーズライン