シャネル 財布 2013 カメリア

クリスチャン・ラクロワのチュミュルト・プール・ファム1980年代後半から90年代中期辺りまで、パリ・モードに旋風を巻き起こした「CHRISTIAN LACROIX」。名門ソルボンヌ大学を卒業し、エルメス、ジャン・パトゥと渡り歩いて培ったテキスタイル技術と、持ち前のハイ・バロックなデザイン感性で、極めてアクの強い色彩とカッティングからなる作品を発表し続けております。 クチュールの『退廃期のローマ人』はこの伝統に則って歴史的エポックとしてのローマ人の典型的生きざまを想像し、人物相互の連関性を通じて明確でわかりやすい「逸話」を感じさせることをめざして描かれた。またボッティチェリの『誹謗』では、「寓意」は擬人化されている。. シャネル 新作 ファンデーション