シャネル ピアス 店舗

原作のギデンズ・コーが自ら監督を務めた大ヒット台湾映画の話題作とってもストレートな作品でした。確かに、国柄が違うので、所々にずれるところは幼稚に見えなくもないけれども、それは作品の出来映えとは別の話だと考えれば、とってもきれいな青春ラブストーリーです荒削りに走る脚本と、荒っぽいキャラクター描写、雑な映像処理などはかなりな低レベルの作品に見えるのですが、ラストシーンの処理がうまいために見終わった後、損をした気分にならない。 人物としての極端さは、自分が中心となって創始したApple社を、よりによって自らがスカウトした人物の手によって追放されてしまうという遍歴にもあらわれている。その後人間が丸くなったとも言われるが、Apple復帰直後の情け容赦ないリストラに衰えることのない強靭な信念と行動力を見た者は少なくないだろう。. シャネル 新作 ネックレス